スポンサードリンク
   


ソニーのvaio zは会議やプレゼンに最適、マルチモニター機能が付いています。


ソニーから発売されているハイエンドノートパソコン『vaio z』ですが、
非常にコンパクトながら高性能という事で今非常に注目されています。

持ち運びが便利だという理由からビジネスに使っているという方も非常に多いのではないでしょうか。
vaio zはそういったビジネス目的で使うという方向けの便利な機能というのも多数搭載しています。

その一つが「VAIO プレゼンテーションサポート」というもので、
vaio zの16:9のワイド画面をより有効に活用して拡張デスクトップのセットアップが手軽に行えます。
このVAIO プレゼンテーションサポートを活用することで簡単にマルチモニター機能などを使用する事が出来ます。

マルチモニター機能とはvaio zの画面上に映し出されたものを他のディスプレイにも同じ画面を映す事が出来るというものです。
vaio zのマルチモニター機能では最大4面までのディスプレイに画面を展開することができ、
会議やプレゼンなどの際には非常に便利に利用する事が出来ます。

プロジェクターなどに映して使用する事も出来ますし、そういった時に
プロジェクターに映らない領域を使ってメモ帳を起動してメモを取るなどという使い方をする事も可能になっています。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ソニー vaio z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーのvaio zはバッテリー容量が凄い。7時間半は使える。


最近はノートパソコンというのも小型かつ高性能なものがどんどん登場しています。
特にタブレット端末の急速な普及に対抗するかのように薄型でバッテリーの持続時間も長く、
しかも高性能で低価格というコンセプトのウルトラブックというものも登場しています。

そんな最近のノートパソコンの中でも人気なのがソニーから発売されているvaio zというノートパソコンですね。
vaio zはハイエンドノートパソコンということでコンパクトながら高性能という事で人気なのですが、
やはりこういった持ち運ぶ端末で気になるのはバッテリー容量ですよね。

vaio zの標準のバッテリーパックはフル充電の状態から約7.5時間の利用が出来るという事になっています。
これなら1日どこかへ出かけるという際でも十分のバッテリー容量だと言えますね。
もちろん使い方によって多少駆動時間が短くなる事もありますし、
長く使っていればバッテリーが劣化して短くなる事も考えられますね。

さらに長時間の駆動を求めるという事であれば別売りでバッテリー容量の大きなLバッテリーというものを購入しましょう。
この別売りのバッテリーパックなら約11時間の駆動が出来るという事ですから、かなりヘビーに使っても大丈夫そうですね。

ソニー バイオ Z
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ソニー vaio z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


太陽光発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。