スポンサードリンク
   


ウルトラブックの解像度について考える。


最近米インテルが提唱しているウルトラブックというものがノートパソコン市場では注目を集めています。

従来のノートパソコンと比べて基本的に薄型であり、かつ高性能でバッテリーの持続時間が5時間以上、
そして価格も手頃な価格に抑えられているというのが条件となっているそうですが、
最近急速に普及しているタブレット端末やAppleのMacBookに対抗している物だとも言われていますね。
ウルトラブックと言っても上記のようなコンセプトを持ったものをそう呼ぶだけなので、
実際の製品としては色々な選択肢があります。

例えば解像度についてですが、多くのウルトラブックは1366×768という解像度になっていますね。
しかし中には1600×900といった高解像度のウルトラブックというものも登場しています。

基本的には高解像度の方が画面内の情報量が多くなるわけですから、いろんなアプリケーションを同時に起動する場合などに非常に便利ではありますが、しかしOSやフォント次第ではあまり解像度が高すぎても逆に見づらいということもあり得ますよね。

そのあたりをあまり気にしないという方であれば良いですが、
それでも一度はお店で現物を見てから決めた方が良いかもしれませんね。

沢山でていて迷いますが、自分はどう使うとハッキリと分かった上で、お店の人に質問するのもいいでしょう。
少々、重くて、大きくても、性能や使いやすさを考えると、その方が良い場合もありますね。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルトラブック カバーケースについて考える。


最近ノートパソコン市場ではウルトラブックなるものが登場して話題となっています。

このウルトラブックというのは米インテル社が提唱しているもので、
従来のノートパソコンよりも薄いおよそ21mm以下のボディを持ち、
バッテリーの駆動時間が長く、OSの起動時間が短いといった高性能、
かつ価格も手頃に抑えられているというコンセプトのノートパソコンの事のようです。

従来のノートパソコンよりも薄型で軽量かつバッテリーの駆動時間が長いという事で
明らかに持ち運んで使用する事を前提としていると考えられますね。

そう考えるとやはり故障の防止のためにカバーケースなどが必要となりますね。
ウルトラブックというものが登場してまだそれほど経っていないのでカバーなどの商品はどのようになっているか気になりますが、
基本的には従来よりも薄型というだけであって形状が大きく変わるものではないですから、
様々なカバーを自由に選んで使う事が出来るでしょう。

AppleのMacBookなんかも同様のコンセプトと思われるので同じ物が利用出来るかもしれませんね。
しかしやはり持ち運ぶという事を考えるとカバーやケースというのも出来るだけかさばらない物を使いたいですね。

最近の天候を考えると防水性も考える必要がありますね。
アマゾンを見ると2000円位までで、色んなのがあります。
最近、私は出来るだけハデな、認識しやすい色を選んでいます。ウルトラブックの大きさだと、カバン内で行方不明になる事はありませんが、小さなものであれば、カバン内で分からない事があります。(笑い)
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


太陽光発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。