スポンサードリンク
   


ソニーのvaio z には有線lanも付いている。


最近のノートパソコンというのは非常に小型かつ高性能な物がどんどん登場しています。

中でもソニーから発売されているvaio zシリーズは薄型でコンパクトなボディーを持ちつつも、
高解像度で高性能なハイエンドノートパソコンとなっています。

こういった最近の薄型なノートパソコンというのは、
とにかく持ち運びなどの利便性を追求するため、コンパクトさを求めていろんな機能を省いているという面があります。

例えば有線lan機能を省いて無線LAN機能のみを搭載しているものも非常に多いです。

しかしこのソニーのvaio zは薄型ボディでありながらしっかりと有線LAN機能を持っています。
もちろん人によってはそんな機能は必要ないという方もいるかとは思いますが、
例えばホテルなどに宿泊した際に、部屋のインターネット環境として、
無線LANはないけれど有線lanなら使えるというホテルは数多くあります。

そういった場所であればvaio zは非常に使いやすいという事になりますね。
有線LAN機能を持たないノートパソコンでも別売りのアダプタを使えば利用する事は出来ますが、
携帯性を高めるために省いている機能なのに荷物を増やすというのは本末転倒ですよね。

無線LANがあっても、調子の悪い時に、有線LANなら使える場合もあります。
ホテル等で、無線LANが通じなくて、格闘して、寝る時間が削られる時もあります。
安全を考えると、二つ有るのがベストですね。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ソニー vaio z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーのvaio zは熱暴走が心配です。


最近は非常に高性能で薄型・コンパクトなモバイルPCというのが人気となっていますね。

iPadのようなタブレット端末が人気となるなか、
やはりビジネスなどで使用するならキーボードのついたノートパソコンもよく使用されています。

中でもソニーから発売されているvaio zというノートパソコンは高性能なハイエンドノートPCとして人気ですが、
このvaio zには致命的な欠陥があるとも言われています。それが『熱暴走』についてです。

ノートパソコンというのはそもそも小型でデスクトップパソコンのような大きなファンが付けられないということもあって発熱しやすいものですが、
このvaio zのような最近の薄型コンパクトなノートパソコンは特に小型化を追求することでファンの性能を犠牲にしている部分があります。

そのせいで熱暴走は最近の薄型ノートパソコンの大きな課題ともなっているのですが、
特にこのvaio zは実際に使用している方の多くが熱暴走によって故障したり、
突然電源が落ちてしまったりという問題を多く経験しているようです。

何度も修理に出している様な方もいるようで、これから購入を考えているという方はよく考えてからにした方が良いかもしれませんね。

あまり詰め込むとパソコンも頭を使いすぎて、熱がでるようです。人間と同じですね。
何でもほどほどが肝心ですね。(笑いI
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ソニー vaio z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーのvaio z の躯体にはカーボン素材が使用されている。耐衝撃性に優れる。


ホント、最近はノートパソコンというのも非常に薄型、軽量化してきているのが特徴になっています。
昔人間には信じられないくらいです。

仕事はもちろん旅行など外出時にも気軽に持ち歩けるようになっていますね。
中でも人気の機種というとソニーから発売されているvaio zという物がありますが、
こういった小型のノートパソコンとなると気になるのは本体の強度ですよね。

いろんな所に持ち運んで使うからこそ、ぶつけてしまったり、
あるいは落としてしまったりなんていうことは少なからず起こりうる事です。

そういった時に簡単に破損したり、最悪、中身に支障があったのでは困りますよね。
vaio zはそういった部分も考えられ、強度においてもかなりの丈夫さを持っています。

筐体にはカーボン素材が使用されており、
従来のVAIOシリーズに比べてかなり強度が向上されています。

さらに構造においても底面は2辺折り、天板は5層から6層構造へと強化されています。
実際にvaio zは落下や衝撃、振動、温度特性試験などといった様々な耐久試験を繰り返しており、
厳しい検査基準をクリアした物だけが出荷されています。

非常に高い強度を誇っているvaio zですが、だからと言って壊れないという物ではありませんから、大事に使いましょう。


vaio z.jpg下部の写真は拡張用のシートバッテリーです。装着時は約17時間ものバッテリーライフが確保されます。 17時間ですよ!! 1日3時間使って5日間。 海外出張でも行けそうですね。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ソニー vaio z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーのvaio zは会議やプレゼンに最適、マルチモニター機能が付いています。


ソニーから発売されているハイエンドノートパソコン『vaio z』ですが、
非常にコンパクトながら高性能という事で今非常に注目されています。

持ち運びが便利だという理由からビジネスに使っているという方も非常に多いのではないでしょうか。
vaio zはそういったビジネス目的で使うという方向けの便利な機能というのも多数搭載しています。

その一つが「VAIO プレゼンテーションサポート」というもので、
vaio zの16:9のワイド画面をより有効に活用して拡張デスクトップのセットアップが手軽に行えます。
このVAIO プレゼンテーションサポートを活用することで簡単にマルチモニター機能などを使用する事が出来ます。

マルチモニター機能とはvaio zの画面上に映し出されたものを他のディスプレイにも同じ画面を映す事が出来るというものです。
vaio zのマルチモニター機能では最大4面までのディスプレイに画面を展開することができ、
会議やプレゼンなどの際には非常に便利に利用する事が出来ます。

プロジェクターなどに映して使用する事も出来ますし、そういった時に
プロジェクターに映らない領域を使ってメモ帳を起動してメモを取るなどという使い方をする事も可能になっています。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ソニー vaio z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーのvaio zはバッテリー容量が凄い。7時間半は使える。


最近はノートパソコンというのも小型かつ高性能なものがどんどん登場しています。
特にタブレット端末の急速な普及に対抗するかのように薄型でバッテリーの持続時間も長く、
しかも高性能で低価格というコンセプトのウルトラブックというものも登場しています。

そんな最近のノートパソコンの中でも人気なのがソニーから発売されているvaio zというノートパソコンですね。
vaio zはハイエンドノートパソコンということでコンパクトながら高性能という事で人気なのですが、
やはりこういった持ち運ぶ端末で気になるのはバッテリー容量ですよね。

vaio zの標準のバッテリーパックはフル充電の状態から約7.5時間の利用が出来るという事になっています。
これなら1日どこかへ出かけるという際でも十分のバッテリー容量だと言えますね。
もちろん使い方によって多少駆動時間が短くなる事もありますし、
長く使っていればバッテリーが劣化して短くなる事も考えられますね。

さらに長時間の駆動を求めるという事であれば別売りでバッテリー容量の大きなLバッテリーというものを購入しましょう。
この別売りのバッテリーパックなら約11時間の駆動が出来るという事ですから、かなりヘビーに使っても大丈夫そうですね。

ソニー バイオ Z
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ソニー vaio z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


太陽光発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。