スポンサードリンク
   


ウルトラブックの最薄の機種はどれでしょう?


最近のノートパソコンというのは非常に薄型な製品が増えており、
中でもインテルが提唱しているのが厚さ21mm以下で、バッテリーの駆動時間が長く高性能かつ低価格というコンセプトを持ったウルトラブックという新しいカテゴリーです。

2011年に登場したこのウルトラブックというのはすでに各社から多くの製品が登場し、
実際にすでに購入したという方も沢山いらっしゃるでしょう。

ウルトラブックは何と言っても従来のノートパソコンと比べて薄型のボディというのが特徴ですが、
その中でも最薄となるのはどの機種なのかという事にも注目が集まります。

もちろん新しい物が登場するたびに最薄機種というのも変わってくるのですが、
現在世界最薄とされているのが、Acerから発売されているAspire S5というノートパソコンですね。
このAspire S5は13.3インチのディスプレイにも関わらず、厚さはなんと15mmとなっています。

同じく薄さを売りにしている東芝のdynabookR631が厚さ15.9mm、

Appleの人気ノートMacBookAirが17mmということを考えるといかに薄いかがわかりますね。
とにかく薄くて持ち運びが良いものをという方には最高の商品かもしれません。

最近販売されたものではLaVie Z(LaVie G タイプ Z)はメーカー公表値で約14.9mmという薄さです。

ゴム足を含めた高さを計測しても約18mmしかありません。

ウルトラブックの中でも、薄い方です。

注意しないといけないのは、バッテリーの駆動時間です。
仕様では8時間になっていますが、動画再生で3時間40分、BBenchで約5時間の駆動時間でした。
外出先で1日使うには短い部類の駆動時間ではないかと思います。

ご自分の用途が、このバッテリ駆動時間で足りるかどうかが、この製品購入の見極めのポイントになると思います。

また、LANポート、VGAポートが無い点や、WiMAXを内蔵していない点にもご注意を。

何処まで薄くなるのでしょう? 段ボールの薄さ位にはなるかも知れませんね。


 

posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

格安のウルトラブックはこれだ。


最近ノートパソコン市場で注目されているのがインテル社が提唱しているウルトラブックというコンセプトに則ったノートパソコンです。

このウルトラブックというのは従来のノートパソコンと比べて薄型のボディである事、
バッテリーの駆動時間が長い事、そして高性能でありながら手頃な低価格に抑えられているという事が条件となっています。

各社から色々な製品が発売されていますが、
どれも薄型で高性能にも関わらず、高い物でも10万円程度という価格で販売されており、買いやすいのが非常に嬉しいところです。
しかしそうは言っても出来るだけ安い物が欲しいと思うものですよね。

ウルトラブックの中でも特に格安だと言われるのが日本エイサーから発売されているAspire S3というシリーズです。
このAspireS3は下位モデルであれば6万円程度で手に入るという格安ウルトラブックです。
この価格でありながら13.3型ワイド液晶を搭載しており、しかも薄型のボディで持ち運びも非常に便利です。

さすがに他の10万円前後のウルトラブックと比べると格安の製品ということで性能的には見劣りがしますが、
ハイスペックを求めていないという方であれば十分実用的なノートパソコンだと言えると思います。

今は、新製品の登場前になると、処分品や安く出ますね。 性能を特に言わなければ、タイミングを見て買うのも賢いですね。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルトラブックの比較・口コミdynabook r631 とvaio z


最近ノートパソコン市場で話題となっているのがインテル社が提唱しているウルトラブックというノートパソコンの新しいカテゴリーです。

ハッキリとした数字が決められているというものではなく、
コンセプトとして薄型、軽量のボディに高性能、そして低価格でバッテリーの駆動時間も長いというのが特徴となっています。

日本でも様々なウルトラブックが発売されていますが、その中の一つが東芝から発売されているdynabook r631ですね。
このdynabook r631は13.3型ワイドのディスプレイで高さ15.9mm、重量1.12kgとなっており、
ウルトラブックの中でも薄型コンパクトなのが特徴となっています。

ウルトラブックではソニーから発売されているvaio zという製品が人気となっており、
ディスプレイサイズや重量などの面でこのvaio zとdynabook r631が近いということもありよく比較されます。

vaio zは13.1型のワイドディスプレイ、高さは16.65mm、重量は1.165kgということで、
dynabook r631よりも少し小さいディスプレイですが、薄さという点ではわずかにdynabook r631の方が優っているようですね。

軽い、薄い、早いとどんどんと進化しますね。
どんどん進化してどうなるのでしょうね。

いよいよ、チップが体内に入る様なSFの様な時代が来るかもしれませんね。

鯖江では電脳メガネの開発のお手伝いもしています。
モニターがメガネのつく時代がもうすぐです。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2世代のウルトラブックの盗難防止技術は凄くなりそうです。


2011年米インテルが提唱したノートパソコンの新しい形が『ウルトラブック』というものです。

これは従来のノートパソコンと比較して厚さ約21mm以下という薄型のボディと、
5時間以上のバッテリー持続時間、短時間でのOS起動といった高性能かつ低価格というコンセプトのノートパソコンを指します。

タブレット端末の普及によってどこでも使える端末の需要が高まる中、
それらに対抗するかのようなコンセプトを打ち出しているウルトラブックではありますが、
2012年にはそのウルトラブックの第2世代とも言えるような製品が続々登場しようとしています。

入力を考えるとキーボードは捨てがたいですものね。

特に第2世代では新たな技術が追加されるとの事です。

それが『アイデンティティプロテクション』と『盗難防止技術』というもので、
万が一誰かにパソコンを盗難されるような事があっても、
他の人ではそのパソコンを一切使用出来ないようにするという強力なセキュリティ機能の事です。

持ち運びが便利なこういった製品というのは同時に盗難の危険も多く、
中のデータなどが流出するようなリスクも高いですよね。
第2世代のウルトラブックではそういったリスクを回避する事が出来る様になる、という事のようですね。

通常のパソコンでもソフトをインストールすれば『盗難防止技術』が働くのも良いかも知れません。

GPS機能をつけておいて、盗難保険をかけると、盗難パソコンを追いかけて、取り戻してくれるシステムが
あってもいいですね。

セコムさん新ビジネスを立ち上げませんか?(笑い)
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルトラブックの解像度について考える。


最近米インテルが提唱しているウルトラブックというものがノートパソコン市場では注目を集めています。

従来のノートパソコンと比べて基本的に薄型であり、かつ高性能でバッテリーの持続時間が5時間以上、
そして価格も手頃な価格に抑えられているというのが条件となっているそうですが、
最近急速に普及しているタブレット端末やAppleのMacBookに対抗している物だとも言われていますね。
ウルトラブックと言っても上記のようなコンセプトを持ったものをそう呼ぶだけなので、
実際の製品としては色々な選択肢があります。

例えば解像度についてですが、多くのウルトラブックは1366×768という解像度になっていますね。
しかし中には1600×900といった高解像度のウルトラブックというものも登場しています。

基本的には高解像度の方が画面内の情報量が多くなるわけですから、いろんなアプリケーションを同時に起動する場合などに非常に便利ではありますが、しかしOSやフォント次第ではあまり解像度が高すぎても逆に見づらいということもあり得ますよね。

そのあたりをあまり気にしないという方であれば良いですが、
それでも一度はお店で現物を見てから決めた方が良いかもしれませんね。

沢山でていて迷いますが、自分はどう使うとハッキリと分かった上で、お店の人に質問するのもいいでしょう。
少々、重くて、大きくても、性能や使いやすさを考えると、その方が良い場合もありますね。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルトラブック カバーケースについて考える。


最近ノートパソコン市場ではウルトラブックなるものが登場して話題となっています。

このウルトラブックというのは米インテル社が提唱しているもので、
従来のノートパソコンよりも薄いおよそ21mm以下のボディを持ち、
バッテリーの駆動時間が長く、OSの起動時間が短いといった高性能、
かつ価格も手頃に抑えられているというコンセプトのノートパソコンの事のようです。

従来のノートパソコンよりも薄型で軽量かつバッテリーの駆動時間が長いという事で
明らかに持ち運んで使用する事を前提としていると考えられますね。

そう考えるとやはり故障の防止のためにカバーケースなどが必要となりますね。
ウルトラブックというものが登場してまだそれほど経っていないのでカバーなどの商品はどのようになっているか気になりますが、
基本的には従来よりも薄型というだけであって形状が大きく変わるものではないですから、
様々なカバーを自由に選んで使う事が出来るでしょう。

AppleのMacBookなんかも同様のコンセプトと思われるので同じ物が利用出来るかもしれませんね。
しかしやはり持ち運ぶという事を考えるとカバーやケースというのも出来るだけかさばらない物を使いたいですね。

最近の天候を考えると防水性も考える必要がありますね。
アマゾンを見ると2000円位までで、色んなのがあります。
最近、私は出来るだけハデな、認識しやすい色を選んでいます。ウルトラブックの大きさだと、カバン内で行方不明になる事はありませんが、小さなものであれば、カバン内で分からない事があります。(笑い)
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルトラブックのサイズについて考える。


最近ノートパソコン市場では「ウルトラブック」という言葉が注目を集めています。

何の事だか分からない、という方も多いでしょうし、何となく高性能なネットブックか何かという雰囲気は伝わってきます。

このウルトラブックというのはインテルが提唱し商標登録もしている物なのですが、
条件としては従来のノートパソコンと比べて薄型、高性能、低価格となっている事だと言います。

今インテルではこのウルトラブックに力を入れているとのことですが、
その背景にはやはり近年普及しているタブレット端末に対抗したいというものがあるようですね。

しかし、ウルトラブックは薄型軽量と言ってもB5サイズのノートパソコンがほとんどです。

タブレット端末の利点というのは薄くて軽量かつサイズも小さくて持ち運びに便利という点です。

ウルトラブックも薄型軽量ではありますが、いざ持ち運びをしようと思うとそれなりにケースやバッグが必要となります。

そう考えるとB5サイズのウルトラブックがタブレット端末の代わりになるというのは少し考えにくいような気もしないではないですね。

もちろん機能が同じというわけではないですから単純な比較は出来ませんが、
B5よりA5サイズくらいのウルトラブックが欲しいという方も多いようですね。

次から次へと新しいものがでますね。 初めはついていきますが、あまりに行きすぎると、もうこれで良いと言う事になりうのでは?
最近はスマートフォンだけで十分と言う人が増えてきました。

パソコンやウルトラブックの「立ち上げも面倒だ」になると、ものぐさにはアブレットの方がと言う事になるかもしれませんね。

posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

macbook airの稼働効率を最適にするにはバッテリーリフレッシュを実行しましょう。


最近はノートパソコンというのも非常に小型化、軽量化しており、
出張や旅行など外出の際でも気軽に持ち歩けるようになりましたね。

野外でもいつでもどこでも使えるということで非常に便利になっていますが、
外で使うとなると気になるのがバッテリーの問題ですよね。

例えばAppleから発売されているmacbook airというのは人気の高い機種ですが、
macbook airの場合はバッテリー内部にマイクロプロセッサが搭載されていて、
使用状況に合わせて残量の概算情報を見ることが出来るようになっています。

現在の充電状態はもちろん残りあと何時間くらい使えるか、
また、過去の充電回数や現在の最大容量を見ればどの位ヘタってきているかというのも確認出来ます。

macbook airではバッテリーの最大容量が低下してきたらリフレッシュして最適の状態にすることを推奨されています。
初めて使う時と、使い始めてから数ヶ月が経過するごとにリフレッシュを実行することで、調整が行われ、
バッテリーの稼動効率を最大限に高めることが出来ます。

外出先などで使っていてどうも充電の減りが早くなってきたと感じるようなら、
リフレッシュを実行して調整しておきましょう。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


太陽光発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。