スポンサードリンク
   


ウルトラブックの比較・口コミdynabook r631 とvaio z


最近ノートパソコン市場で話題となっているのがインテル社が提唱しているウルトラブックというノートパソコンの新しいカテゴリーです。

ハッキリとした数字が決められているというものではなく、
コンセプトとして薄型、軽量のボディに高性能、そして低価格でバッテリーの駆動時間も長いというのが特徴となっています。

日本でも様々なウルトラブックが発売されていますが、その中の一つが東芝から発売されているdynabook r631ですね。
このdynabook r631は13.3型ワイドのディスプレイで高さ15.9mm、重量1.12kgとなっており、
ウルトラブックの中でも薄型コンパクトなのが特徴となっています。

ウルトラブックではソニーから発売されているvaio zという製品が人気となっており、
ディスプレイサイズや重量などの面でこのvaio zとdynabook r631が近いということもありよく比較されます。

vaio zは13.1型のワイドディスプレイ、高さは16.65mm、重量は1.165kgということで、
dynabook r631よりも少し小さいディスプレイですが、薄さという点ではわずかにdynabook r631の方が優っているようですね。

軽い、薄い、早いとどんどんと進化しますね。
どんどん進化してどうなるのでしょうね。

いよいよ、チップが体内に入る様なSFの様な時代が来るかもしれませんね。

鯖江では電脳メガネの開発のお手伝いもしています。
モニターがメガネのつく時代がもうすぐです。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


太陽光発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。