スポンサードリンク
   


macbook airの大容量バッテリーだと35時間使える。


Appleから発売されているmacbook airは薄型・軽量で非常に人気の高いノートブックです。
特にその軽量を活かして、外出先などに持ち運んで利用しているという方も非常に多いかと思います。

しかしそういった時に最大の問題となるのがバッテリーの問題ですね。
電源の取れる所なら良いですが、移動中や野外などではそう簡単に充電する事は出来ませんよね。

macbook airは機種にもよりますがバッテリーの持続時間は約5時間とされています。
当然それ以上の長時間に渡って使用したいという方もいるでしょう。
昔のモデルであれば、バッテリーを大容量バッテリーに交換するという事も出来たようですが、
現行のモデルは自分でバッテリーを交換するという事は出来なくなっています。

ですので充電が切れてしまった場合はコンセントから充電するか、携帯充電器を使用するしかありません。
充電できないような環境で長時間使いたいという方であればやはり携帯充電器を用意したいですね。
最近はかなりの長時間を利用できる大容量バッテリーというのも色々と発売されているようです。

大容量バッテリーならmacbook airを最大35時間程度持続して使える物もあるようですね。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | macbook air | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


太陽光発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。