スポンサードリンク
   


macbook airの稼働効率を最適にするにはバッテリーリフレッシュを実行しましょう。


最近はノートパソコンというのも非常に小型化、軽量化しており、
出張や旅行など外出の際でも気軽に持ち歩けるようになりましたね。

野外でもいつでもどこでも使えるということで非常に便利になっていますが、
外で使うとなると気になるのがバッテリーの問題ですよね。

例えばAppleから発売されているmacbook airというのは人気の高い機種ですが、
macbook airの場合はバッテリー内部にマイクロプロセッサが搭載されていて、
使用状況に合わせて残量の概算情報を見ることが出来るようになっています。

現在の充電状態はもちろん残りあと何時間くらい使えるか、
また、過去の充電回数や現在の最大容量を見ればどの位ヘタってきているかというのも確認出来ます。

macbook airではバッテリーの最大容量が低下してきたらリフレッシュして最適の状態にすることを推奨されています。
初めて使う時と、使い始めてから数ヶ月が経過するごとにリフレッシュを実行することで、調整が行われ、
バッテリーの稼動効率を最大限に高めることが出来ます。

外出先などで使っていてどうも充電の減りが早くなってきたと感じるようなら、
リフレッシュを実行して調整しておきましょう。
posted by ウルトラブックの情報と比較 at | ウルトラブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


太陽光発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。